チヌ

クロダイ、通称チヌは河口付近や堤防で釣れ、釣り人にとっては馴染みがあります。しかし一般的に、食卓にあがる料理としては馴染みありません。しかし、地域によってチヌは高級魚だそうで美味しいんだとか。


ここでは初心者がチヌを釣るならどんな仕掛けが良いか?またチヌのフカセ釣りの醍醐味や、釣果の上がる撒き餌のコツにクローズアップしてリサーチしたので参考にして下さい。

チヌ釣り 初心者

チヌ釣り仕掛けにも種類は様々。ウキフカセ釣り、紀州釣り、ぶっこみ釣り、落とし込み釣り、ヘチ釣り、筏釣り。初心者におすすめは、細かい操作も必要ない「ぶっこみ釣り」。難易度はかなり低めなのでチヌ釣りビギナーも取り掛かりやすいでしょう。


ぶっこみ釣りから入り、慣れたらウキフカセ釣りという仕掛けで挑んでみよう。撒き餌を飛ばして集魚し、自らポイントを作るのがウキフカセ釣りでは重要になる。潮や風、地形を考慮しながらアプローチしていくのが醍醐味で面白いと言えます。

チヌフカセ釣り

チヌのフカセ釣りは、遊動式のウキを駆使してエサを水中に漂わせながらチヌを誘う。いかにエサを撒き餌と同調させるかがチヌフカセ釣りの攻略法と言える。


潮の流れを把握し、撒き餌と同調させる為にオモリで調整しながら自然にチヌを誘うことは意外に難しい。二枚潮などの環境が整わない場合に試行錯誤し、チヌを釣りあげると嬉しさも倍増する。チヌフカセは、なかなか奥が深い釣りである。

チヌフカセ釣り 撒き餌

チヌパワー

フカセ釣りで欠かせない「撒き餌」について考察してみよう。撒き餌の役割は、魚を寄せて釣りやすくすることです。


チヌ釣りの撒き餌(通称コマセ)は、狙ったポイントに投入できなければ釣果は半減します。よって仕掛けの着水と共に、撒き餌を正確にコントロールすることが必要となる。コツは撒き餌を落としたい場所に、目を逸らさず向けて投げることです。


チヌフカセ釣り用の撒き餌は、釣具店などでたくさん販売されている。ここではマルキュー(MARUKYU) チヌパワー(徳用)を紹介します。

チヌパワーの特徴

マルキューの人気ナンバーワンの配合エサでるチヌパワー。強烈にチヌを寄せることが出来るのは、酵母、オキアミ、ムギを配合しているから。またネバリがあるので遠投性も抜群。釣果実績が高くまさにチヌエサの王様と言える。