ガシラ

ガシラとカサゴは、同じ魚の種類で、関西ではガシラ関東ではカサゴと呼ぶ。ガシラは根魚で、海底に生息しています。関西では堤防際で年中釣れるイメージがありますが、旬は冬らしいです。

見かけによらず白身で美味しく、刺身はもちろん唐揚げや煮つけにと色んな調理で食せます。ここではガシラ釣り仕掛けや、エサについて解説したいと思います。

ガシラ釣り仕掛け

ガシラを釣るのに、最適な仕掛けは胴突き仕掛けではないでしょうか。胴突き仕掛けは、海底を探る釣り方なので、根魚のガシラを釣るにはもってこいの仕掛けになります。

しかし海底を這わすので、根がかりしやすいのがデメリットになります。私の場合は、立つ天秤にキス仕掛けで引き釣りを必ずするのですが、この仕掛けで必ずと言ってよいほど良型のガシラが釣れます。

この仕掛けは結構万能で、キス以外にガシラやカワハギも釣れるので試してみてはどうでしょうか。

ガシラ釣り エサ

ガシラを釣る餌は、アオイソメ一択で良いと思います。エビは針持ちが悪く外れやすいし、餌取りが多い時期にはおすすめできません。その点、アオイソメはそれらがないのでガシラのエサとして超おすすめです。

また大型のガシラを狙う場合は、アジやサバの泳がせが良いかと。ガシラは餌を捕食すると、根にや岩に潜り込んでしまうので、アタリを見逃さずに合わせるタイミングが重要になります。

もしガシラが根や岩に潜り込んだ場合、しばらく放置すると出てくる可能性もあるので、その時に引き上げるとガシラを釣り上げることも出来ます。