マゴチ 釣り方

マゴチ 釣り方 餌

マゴチを釣るに最適な餌は、生き餌が良いといいます。また虫餌ではなく、イワシやキビナゴ、サンマなどの身餌が良いとの事です。アオイソメなどの虫餌で、5センチ程のマゴチなら釣れます。マゴチのみを狙って釣りに出かける場合、身餌のみを用意するより虫餌で生き餌を釣ってから、マゴチ狙いがおすすめの釣り方でしょう。

マゴチ 釣り方 泳がせ

マゴチを10月半ば、実際に泳がせで釣った、単純仕掛けです。

マゴチ釣り仕掛け

立つ天秤に、道糸2号とキス針8号
餌はウリボウ(イサキの幼魚)

先ずは餌となるウリボウ(イサキの幼魚)を、サビキで釣る所から始まります。時期や場所にもよりますが、ウリボウでなくともアジやサバ、イワシなど生き餌なら何でも良いと思います。針もキス針でなくても構わないかと。

生き餌を鼻がけや背掛けにするので、あまり大きな針だと生き餌が死んでしまうかもしれないので、生き餌の大きさに応じて適宜決めてください。

ウリボウ

マゴチ 釣り方 時間

マゴチを釣るのに最適な時間は、日中がベストで、朝夕マズメの時間が良いとの事です。この時間は、マゴチの餌である小魚がプランクトンの活性により集まってくるので、マゴチも活性するわけです。

しかし、それ以外の日中でも泳がせ釣りでも釣れます。ちなみに画像のマゴチは、泳がせで13:00頃に釣れました。朝夕マズメの方が、他の時間より、釣れる確率が高いくらいに思っておく程度で良いかと。