更年期障害を克服した男性

一昔前まで、更年期障害とは女性特有のものと認識されていましたが、最近はそうではないようです。男性は加齢により、心身の症状が様々な形で出現します。体のだるさ、うつ傾向、筋力の低下や、骨が弱くなる、性的不全など。

これらは、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれ、男性ホルモンが加齢により減少することが原因とか。男性更年期障害の方は年々増加しているらしく今では患者は600万人以上なんだとか。

もし、あなたが前述の症状などがある場合、何かしらの対処が必要かと考えられます。

ここでは男性に起こる更年期障害の症状、発症しやすい年齢、病院は何科で診察してくれるのか?漢方やサプリメントは効果があるのか?などをリサーチしてまとめました。

更年期障害 男性 症状

  • やる気が出ない
  • イライラする
  • 疲れやすい
  • 眠れない
  • 漠然と不安
  • 手足が熱い
  • 異常なほど汗が出る
  • 集中力に欠ける
  • 性欲が減退

これらの症状は、男性更年期障害(LOH症候群)のものです。しかし厄介なのが、これらの症状は「ただ単に疲れているだけ」と本人が認識してしまうことが多いため、男性更年期障害と診断が出るまでに受診はおろか長期にわたって放置され終いには重篤なうつ病を発症してしまったなどのケースも見られるようです。

全身に渡る疲労感や倦怠感、性欲低下やED、肩こりや不眠などの身体的症状。気力の減退や集中力の低下、抑うつ、イライラするなどの精神的症状。男性更年期障害の症状は、これ以外にも多岐にわたるそうです。

更年期障害 男性 年齢

男性更年期障害(LOH症候群)を発症する年齢は40歳を超えてからだそうです。40代はまだまだ働き盛り、仕事もプライベートも充実してくる時期でもあります。しかし症状により、仕事やプライベートに悪影響を及ぼしてしまい日々を充実できないとなると人生もったいないことは明白です。

また40代男性と聞くと、一家の大黒柱である可能性が高く、男性更年期障害により本人はおろか、間接的ですが家族にまで影響を受けることも危惧しなければなりません。何らかの症状があれば放置せず、医師の受診を強くおすすめします。

更年期障害 男性 病院 治療

男性更年期障害を専門に診察する病院はないんだとか。泌尿器で診察してくれるとの事です。東京や大阪、全国に泌尿器科はたくさんあると思うので、少しの症状があるなら探して受診するべきかと。検査は男性ホルモンであるテストステロンの値を計測し、一定以下なら男性更年期障害となるそうです。

治療は症状にもよると思いますが、テストステロンを注射する「ホルモン補充療法」が即効性がありかなりの確率で良くなるそうです。ネットでリサーチすると、テストステロンの検査は自費でも受けられるとの事で、4,000位だそうです。気になる方は受けてみるのも良いかもしれませんね。

更年期障害 男性 漢方 薬

男性更年期障害に漢方の処方も効果があるらしいです。 八味地黄丸・六味地黄丸・牛車腎気丸・補中益気湯・十全大補湯・半夏厚朴湯などがそうらしいです。しかし漢方で即効性は望まないほうが得策で、長く継続して症状の緩和が見られると考えています。

また市販に販売されている薬については、女性用のものであっても症状が同じなら効果はあるらしいです。

更年期障害 男性 サプリメント

男性更年期障害の症状が明確でなくても、40歳を超えると男性ホルモンが減少し続けます。これを防ぐために日頃から、男性更年期障害の予防をサプリメントで行うこともおすすめです。最近は、テストステロンを増やす為の成分が入ったサプリメントが売られています。

予防の早い段階で、男性更年期障害になるのを防ぐことは重要かもしれません。

男性更年期障害まとめ

40歳を超えたあたりから、男性更年期障害の症状が現れやすい。
症状は…
体のだるさ、うつ傾向、筋力の低下や、骨が弱くなる、性的不全など
病院の泌尿器科で検査や治療が出来るが、漢方サプリメントで日頃からテストステロン(男性ホルモン)を減少させないことが重要で予防効果も見込める。