カウンセラー

メンタル心理カウンセラーの資格を取得すると…
心理カウンセラーとして副業はもちろん、独立開業も目指せます!

心理カウンセラーとは…
人間関係のお悩みでストレスを感じている方を対象に、心の問題解決へと導くことが出来る「心の専門家」です。
ストレス社会の現代において需要が多く、心理カウンセラーはやりがいある仕事として注目を浴びています。

私は心身の健康に関する会社を10年経営しています。
そんな私が当社で心理カウンセラーとしての事業拡大を視野に入れ、メンタル心理カウンセラーの資格を取得したのでレビューします。

メンタル心理カウンセラー資格

メンタル心理カウンセラーの資格は、日本能力開発推進協会 (JADP)が認定します。

医療、福祉、教育や産業界などの場で「高いカウンセリング能力を証明する」資格なのでJADPの認定は信頼でき、現に数多くの方がカウンセラーとして全国で活躍しているようです。

メンタル心理カウンセラー資格 仕事

メンタル心理カウンセラー資格を生かせる仕事は、カウンセラーとしてだけではなく多岐にわたります。例えばソーシャルワーカー、保育士や福祉における相談業務をされている方など。直接カウンセリングを行うわけではありませんが、コミュニケーションが主体である仕事をされている方は、メンタル心理カウンセラー資格が優位に働くことは明白でしょう。当の私も心理カウンセラーとしての事業拡大を視野に入れつつも、日ごろの介護サービス提供【主にコミュニケーション】において、メンタル心理カウンセラー資格で学んだ事をいかせています。

メンタル心理カウンセラー 難易度

メンタル心理カウンセラー資格の難易度は低めで、集中さえできれば早期に取得できる資格と言えます。テキストとDVDの教材を元にWEB添削できる通信講座なので、誰でも気軽にメンタル心理カウンセラー資格が取得できます。

最短2か月で取得できます!とうたっていた講座ですが、実際1ヶ月で取得できました。取得までの手順は、テキストを読んで添削問題を解いてWEB提出。これを4回繰り返した後、日本能力開発推進協会 (JADP)に在宅試験を申請し受験します。メンタル心理カウンセラー資格取得まで、全て在宅で可能です。正直、難易度は低すぎです。メンタル心理カウンセラー資格は、難易度が低くて仕事に役立つので是非、取得することをおすすめします。