中山大障害 2021

2021年の中山大障害GIがクリスマスに開催される。予測の人気はタガノエスプレッソ、オジュウチョウサン、アサクサゲンキが順に上位を形成しそう。

堅実に走るタガノエスプレッソが1本かぶりになりそうも、9歳以上で中山大障害を勝った馬は過去にいない。上位2頭が9歳以上だけに、アサクサゲンキに期待がかかる。アサクサゲンキは、小倉サマージャンプを逃げて優勝。その後は東京ハイジャンプ5着、イルミネーションJS2着。逃げた方が力を出し切るタイプのようだ。

過去10年の勝馬の共通点は、逃げ先行脚質。そう考えると、中山大障害2021の本命馬はアサクサゲンキ。気分よく逃げれば前提で、単勝1点勝負!といきたい。

先日浅草の伝法院通りの店舗に対し、区道を不当に占有していると台東区が提訴するニュースが流れました。話し合いを主として、もう少し温和な形で何とかならんもんかと。そんな時事に対して浅草に元気を!そんなサイン馬券も込めて中山大障害2021は、アサクサゲンキに頑張っていただきたい。