エリザベス女王杯 2021

2021年エリザベス女王杯GIが今週、阪神競馬場で開催される。例年は京都競馬場ですが、改修中とのことでコースが変わっています。この舞台は、宝塚記念GIと同じコースであり、宝塚記念の過去データから狙うべき馬を炙り出していきたいと思います。

エリザベス女王杯 2021の出走予定馬を見てみると、今年の秋華賞馬、アカイトリノムスメが単勝1番人気に支持されそうで予想オッズは2.5倍となっています。次いで今年の大阪杯GIを勝ったレイパパレが2.6倍、前走のオールカマーGⅡを勝ったウインマリリンが3.7倍と続き、それ以降はオッズにかなり開きがある3強模様になっています。

先々週に開催された天皇賞秋も、予想オッズから3強模様を呈しており、実際にその3頭が1着~3着を独占しました。ただ東京2000Mという紛れの少ないコースで、4着に単勝10番人気がきている所を見ると、エリザベス女王杯 2021の阪神2200Mは内回りで、コース形態による色々な紛れが考えられるコース。人気薄1頭は複勝圏内に来る可能性も考えながら予想していきたいと思います。

エリザベス女王杯 2021データ

エリザベス女王杯 2021を予想するにあたり、季節こそ違うが同じ舞台である宝塚記念の過去データを使用して集計しました。(データは過去10年が対象)

エリザベス女王杯 2021 騎手

騎手データ

騎手データで注目したいのは、単勝複勝の回収率が共に100%を超えている川田デムーロ騎手。単にこのコースが得意な騎手でしょうか?一応、注意をしておきたいですね。また池添騎手は、複勝の回収率が高いので穴馬に騎乗するなら買いだと言えます。

エリザベス女王杯 2021 血統

血統データ

血統に注目すると、ステイゴールドに目が行きますが3勝は、ゴールドシップの2勝、オルフェーブルの1勝と名馬のみで後の12頭が複勝圏内に来ていないので、あまり信頼できるデータではないでしょう。パゴも同じで2勝はクロノジェネシスと信頼できません。よってキングカメハメハ・ディープインパクト・ハーツクライ産駒辺りが狙い目と言えます。

エリザベス女王杯 2021 予想

エリザベス女王杯 2021の騎手と血統データより、テルツェットが【デムーロ騎手でディープインパクト産駒】該当しています。また池添騎手はロザムールに騎乗し、超人気薄のようです。またこのコースは、逃げ馬有利なコースでもあるので、ロザムールが逃げて粘る可能性もあるかもしれません。

エリザベス女王杯 2021は…
3強のうち1頭が馬郡に沈んで、2着ないし3着に穴馬が浮上する
3強のうち2頭が馬郡に沈んで、2着ないし3着に穴馬が浮上する

こんな希望が入ったレース決着を期待しています。もちろん馬券的妙味がない、3強のみの馬券は絶対に買いません。

予想まとめ

本命はレイパパレにして対抗はテルツェット。単穴はアカイトリノムスメで穴馬は、ロザムール。ロザムールが逃げる形で、2番手にレイパパレ。スローペースの展開で、レイパパレが先行抜け出しで優勝。思ったよりペースが遅くロザムールが2着に粘る所を、テルツェットが交わし2着を確保。3着にロザムールが残りました。3連単の配当は、単勝1番人気⇒単勝5番人気⇒単勝14番人気で681,600円。


以上、こうなったらいいな~情報局でした。
※この予想は木曜日の午前中に執筆しています。