マイルチャンピオン2021

マイルチャンピオン2021が阪神競馬場で開催される。昨年も阪神競馬場で開催され、グランアレグリアが勝利した。そのグランアレグリアが連覇を2021年も狙う。予想オッズは1.8倍となっていてかなり人気を被るだろう。

またグランアレグリアは、前走の天皇賞秋においても牡馬一線級にひけを取らず、負けて強しの内容ある3着だった。得意の距離で末脚を爆発させ優秀の美を飾りたいところだ。想定2番人気のシュネルマイスターも底は見せておらず、マイル戦線において新旧交代が出来るならこれからの楽しみも増えそう。

マイルチャンピオン2021 コース

京都競馬場の改修工事により、代替えで阪神競馬場でマイルチャンピオンが開催されるので、阪神コースの特性を無視して予想するわけにはいかない。過去1年の事例を踏まえ勝馬検討することにする。

阪神コースで開催された昨年のマイルチャンピオンは、逃げたレシステンシアが前後半3ハロン34.9-33.5という、マイルにしては遅いペースになった。自身の上り3ハロン33.2秒以下をマークした馬は4頭もいて、ヨーイドンの競馬であったと判断できる。

直線で包まれて動けなかったグランアレグリアは別格として、比較的前目の内に付けた末脚の鋭い馬が好走したようだ。元々、阪神競馬場の芝1600Mは、マイル戦にしてはスローペースになりやすいコース展開の読みが重要とか。そして馬場状態もAコースは、使われ続けているため、内の馬場が悪いという。その点も踏まえて勝馬検討した方が良さそうだ。

マイルチャンピオン2021 コースまとめ
  • スローペースになりやすい
  • 前目に位置取りでき、末脚も鋭い馬が好走
  • 内の馬場が悪い

マイルチャンピオン2021 予想

マイルチャンピオン2021の展開を予想してみた。外から被せてサウンドカナロアが単騎で逃げる。ホウオウアマゾンやロータスランドもある程度前に行くがペースは落ち着きスローペース。昨年と同じように、比較的前目の内に付けた末脚の鋭い馬を狙いたいところだが、2021年は内の馬場が荒れてるので、外目を通る末脚の鋭い馬を狙う

予想まとめ

本命はグランアレグリア。これには逆らえない。対抗はカテドラル、近3走33秒台を連発しそろそろ本格化。シュネルマイスター・ケイデンスコール・インディーチャンプなど末脚上位馬が案外皆、内目に入ってしまったので予想は本命対抗のみにしておきます。馬連11-12の一点買いで楽しもう!