マゴチ料理


マゴチは、スーパーや百貨店の鮮魚売り場でもあまり見かけない魚です。見かけはグロテスクですし、表面も硬くトゲがあるので、マゴチを捌くのは素人では難しいと言えます。

しかし見かけと違い、味は美味しく高級魚として扱われているようです。ここでは実際に釣り場でマゴチを釣ったので、究極の血抜き後に4日寝かせて食べてみました。

マゴチ 料理 刺身

マゴチ刺身

3日間寝かせたマゴチの身は、ねっとりと甘く旨味があります。釣り立ての身では味わえない旨味です。

マゴチを刺身で全部食べきれないので、マゴチ茶漬けにしました。言うまでもなく、美味いに決まってるやん!

マゴチ 料理 唐揚げ

マゴチの唐揚げ

続いてマゴチの唐揚げ。唐揚げの方法はシンプルに、薄く片栗粉をまぶしてカラッと揚げました。それを藻塩で頂きます。

マゴチの唐揚げの感触は、カリッとサクッとほろっとジュワーです。非常にビールが合う一品。

マゴチ 料理 煮付け

マゴチ煮つけ

マゴチは捨てるとこが少ない魚で、環境にやさしいですね。何でもマゴチの頬肉が美味しいと言うことで、マゴチの兜煮。

煮付けは醤油、ミリン、酒で味付けしました。マゴチの頬肉は、コラーゲンタップリで味は確かです。塩焼きでもいけるかも。

マゴチ料理まとめ

マゴチの刺身から始まり、ビールを飲みながら唐揚げ、日本酒を嗜みながら煮つけを食す。そして締めはマゴチ茶漬け。何とも贅沢な夕食をマゴチのみで実現することが出来ました。捌き方が結構難しいので、難儀しましたが基本普通の魚と同じように捌けます。マゴチは捨てるところも少なく、今回紹介した料理以外に色んな方法で美味しく食べることが出来るようなので、手に入ったら色んな料理法を試して下さいね。