冷凍惣菜


近年、冷凍惣菜の普及により手軽に、家庭料理のおかずや副菜が美味しく食べれるようになりました。例えば、家庭料理の代表格、誰もが多分好きであろう肉じゃが。肉じゃがは、ご飯のおかずに良し、酒の肴にも良しと万能な料理です。

手作りだと、簡単に直ぐ作ることは出来ません。しかし、肉じゃがも冷凍惣菜として存在しています。素人からすると、肉はともかく、じゃがいもを冷凍してなぜあんなにホクホクした食感があるのか不思議にしか思わないのが正直な感想です。

ここでは惣菜を冷凍して、栄養は損なわれないのか?より美味しく、冷凍惣菜を食べるための解凍方法をリサーチしたので、参考にして下さいね。

冷凍惣菜 栄養

野菜

冷凍惣菜の栄養について、こんな情報をネットで見かけました。それは冷凍の野菜についてで、それは旬な野菜の収穫後に新鮮なうちに急速冷凍されマイナス18℃以下で管理されるとの事。

こうすることで旬でない時期に収穫した生野菜より、風味や栄養が損なわれないといいます。

それが事実なら、冷凍惣菜だけでなく冷凍もの全てにおいて見方が変わりますよね。冷凍イコール美味しくないは昔話。冷凍技術の進歩により、冷凍惣菜は美味しくて栄養も損なわれないということになります。

旬な食材で作られた、冷凍惣菜の栄養が損なわれないなら、調理の時短も出来るので、上手く食卓に取り入れて活用していきたいですね。

冷凍惣菜 解凍

解凍した冷凍野菜

冷凍惣菜は解凍の仕方で、美味しさが変わるらしいです。普段何気なく冷凍ものを解凍する時に使うレンジや常温でほったらかしなどは美味しく解凍できないそうです。

なぜなら急激な温度変化を冷凍した食材に与えると、旨味成分が流出するらしい。それを防ぐために、最適な方法は、冷蔵庫で解凍する。

この方法は、レンチンや常温解凍より時間がかかってしまいますが、旨味成分が残っているので格段に惣菜が美味しく頂けるとの事なので一度、試してみてはいかがでしょう。